ホーム >> お役立ちページ >> 円満退職マニュアル   
 
 
 







円満退職マニュアル

必ず内定通知書が届いてから話をスタートさせます
  転職先の企業の内定通知書が届かないうちに、現在の会社に「退職する」とは絶対に言わないでください。早まって話をしてしまいますと、今の会社だけでなく新しい会社もだめになるという状況が時として発生します。というのも、面接の印象が良かったので、合格だと早合点したり、転職先が内定をほのめかすような発言をしたことで、てっきり合格したと勘違いしたりする場合です。応募・内定(申し込み・承諾)は企業と労働者との雇用契約行為ですので、必ず「内定通知書」をもらってから話を進めましょう。
 
まずは直属の上司に伝えましょう
  会社では最初に必ず直属の上司に辞職の相談をします。同僚に漏らしたりして社内のうわさになってから上司に伝わるのは絶対に避けてください。上司は部下のマネジメントをまかされている立場ですので、管理能力を疑われかねませんし、このことが原因で双方気まずい思いをします。スムーズに退職処理へと進まないこともあるかもしれません。また、いきなり「退職願」を出すのではなく、後日「退職願」を書いて提出しましょう。普通、上司は1回は思いとどまるよう説得するのが常識です。
 
退職にあたっては強い意志で望むこと
  もし、辞めてもらっては職場として困ってしまう場合は、上司も色々と辞めないよう説得工作をしてきます。様々な待遇の改善なり今の条件に対し、いい話を持ってくる場合があるかもしれません。しかし、一度「辞める」旨のお話をした場合、その職場に残ることは、立場的にも、精神的にもきまづい思いが後々まで続きます。
一度「辞める」旨のお話をした場合は、どんな説得工作にも負けず強い意志で「辞める」ことを主張し、実行してください。
 
退職の理由はあくまで自分の都合で
  本音のところは、人間関係での転職する場合もあるでしょうが、絶対にそのことは言わないで、あくまで自分の意思や個人的な都合での転職と伝えましょう。今後、いつかどこかで仕事でかかわるかもしれませんし、人間関係は良好な状態を保っておくことはとても大切です。
 
引継ぎの時間を見ておきましょう
  進行中のプロジェクトなどがある場合にはすぐの転職は難しいこともあるでしょう。場合によっては数ヶ月かかることもあります。引き継ぎをするためのスケジュールをたてて入社日を調整しましょう。
 
一度辞めると言ってしまったら
  辞意を撤回することはできないと思ってください。よほど慰留されそのまま会社に留まる場合もないことはないのですが、一般的にはもう撤回はできないです。
 


 
 
お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー 雇用対策法改正に伴う
  年齢制限の禁止について
 
派遣をお考えの方 中高年の方 企業TOP 【派遣会社】アヴァンティスタッフ